ぬか床の魅力と栄養素

ぬか床の栄養素

野菜をぬか漬けにすると栄養素が大変身

栄養素の変化

野菜をぬか漬けにすると

蛋白質:1.5倍
炭水化物:2倍
ビタミンB1:9倍
ビタミンB2:0.5倍
ビタミンB6:4倍
ビタミンC:1.5倍
ビタミンK:3.2倍
ナイアシン:8倍
カリウム:3倍
etc

ぬか床の基本原料と役割

米糠:糖質(乳酸原料)、脂質(米ぬか油:香味成分の原料)、蛋白質、乳酸菌の初期供給源
:浸透圧で野菜から水分, 糖質, ビタミン, 酵素を床に抜き出す,酸とペアで土壌細菌を死滅させ、腐敗を抑制
:乳酸菌と酵母菌の生息環境を提供(不足⇒不発酵、腐敗臭)ぬか床熟成香味成分の輸送媒体
昆布:グルタミン酸(熟成香気成分の原料)の供給源
野菜:糖質、ビタミン、酵素の供給源:乳酸菌と酵母菌の供給源
香辛料:香味付け(実山椒,柑橘の皮,生姜,唐辛子)

ぬか床、ぬか漬けの効能

大腸を元気に:※食物繊維:胃液の分泌が促され、胃腸の働きが活発になる※酵素:体内での消化や吸収を助け、胃腸の負担を減らす
アレルギー症状の軽減:※植物性乳酸菌:アレルギーの抗体をつくる細胞のバランスを整える※ビタミンB6:免疫機能のバランスを正常にする
疲労回復効果:※炭水化物:脳へエネルギー※ビタミンB1:糖質をエネルギーにかえる※ビタミンB2:糖質、たんぱく質、脂質をエネルギーにかえる※ビタミンC:ストレスへの抵抗力を高める※鉄:乳酸の発生を抑える
ガン予防:※食物繊維:便秘解消により大腸がんの予防になる※ビタミンA:原因になる活性酸素をなくす
動脈硬化,脳卒中,心筋梗塞,大動脈瘤の予防:※ナイアシン:血流を良くする※ビタミンC・ビタミンE:血液中の悪玉コレステロールの酸化を防ぐ※食物繊維・カルシウム:血管を強くする※ビタミンB群:過剰に摂ったコレステロールを減らす

矢野式ぬか床参考映像

店主紹介

user

・味処 矢野 店主          

北九州小倉・糠床糠炊き研究会 顧問

  ・Jazz Singers(雨・小倉みれん)(あなた)

・糠床講習開催中(要予約)